macrameのこと


 

マクラメは、紐と紐を手で編み上げていくシンプルな技法です。

 

中世にイスラム文化圏で発展した技法とも言われますが、

 

はっきりしたことは明らかになっていないようです。

 

 少しの道具と紐があれば、何処でも編むことができる、

 

そんなシンプルなマクラメの技法がとても気に入っています。

 

天然石のこと


私はマクラメがきっかけで天然石と出会いました。

それまでは、パワーストーンといったような意味付けされた石を、少し怖いと思っていました。

自分に合わない石を持ってしまったら良くないことが起こるんじゃないか?

そんな風に、距離を置いていました。

 

けれどマクラメに出会ってから、

直感でいいなと思った石を選べばそんなことは起こらないのだと感じました。

 

その石を選んだ自分を信頼してあげること。

 

それが一番大事で、石と仲良くなれる方法ではないでしょうか。

 

実際、私は石には後押しをしてくれたり癒してくれる効果があると思っています。

けれど、石はきっかけに過ぎなくて、行動するのはあくまで自分。

 

macrameHODAKAのアクセサリーを選ぶときにも、ご自分の直感を参考にしていただけたら嬉しいです。

macrameHODAKAについて


 

遊び心を忘れない、それでいて自然と調和するようなデザインのカジュアルなマクラメアクセサリーを作っています。

 

Shop名は敬愛する大好きな穂高岳から拝借しました。

 

私にとって、一番ワクワクする特別な言葉です。

 

”遊び心” ”スキ” ”自然” ”カジュアル” そんなキーワードで作品を作っています。

 

Mayo Kikutani

 

1984年生まれ。東京都三鷹市出身、奈良県橿原市在住。

好きなことは登山、ぼーっとすること。上高地・北アルプス、特に穂高が大好き。

自然環境保全を学ぶ専門学校を卒業後、上高地や尾瀬で自然ガイドなどの仕事に従事。

2015年に奈良県吉野町へ移住。森林関係の業務に携わる。

2016年にマクラメに出会い、LinowaのプロフェッショナルSchoolにてマクラメの技術を習得。

結婚を機に引っ越し&退職後、2017年8月よりマクラメアクセサリー作家として活動を開始。

作品販売の他、三重県津市にてマクラメワークショップを開催中。